ブログトップ

自然がいっぱい3

身近な生き物を紹介します。


by okuryu
プロフィールを見る
画像一覧

台風一過・・・その朝

b0369164_14462746.jpg
台風が通り過ぎた翌朝、すっかり元の夏空になりました。


b0369164_14472030.jpg
我が家のすぐ前にある田んぼ、コシヒカリについた雫がきれいでしたな。


b0369164_14483955.jpg
キイトトンボが休んでいました。

名前の通り、黄色いイトトンボです。
このあたりには、たくさん住んでいます。


b0369164_14493439.jpg
そして、ナガコガネグモ君は、壊れた巣の復旧に励んでいました。


b0369164_14503132.jpg
ウスカワマイマイ君は、枯れた枝の上でお食事中でしょうか。


台風が過ぎ去ると、まったくいつもの変わらない日常が戻ってきて、
暑いけれど夏らしいお天気に、ちょっとほっとしています。

もうしばらく台風が来なければ、あと、ほんの一月半ほど・・・

稲刈りの季節を迎えます。



天の神様、お願いしますだ!!




 キイトトンボ:トンボ目 イトトンボ科
 ナガコガネグモ:クモ目 コガネグモ科
 ウスカワマイマイ:有肺目 オナジ マイマイ科



(CANON EOS5DⅣ + EF100mmF2.8Lマクロ)





[PR]
Commented by a-ki_la at 2017-08-09 21:02
大変でしたね。
列島縦断と思いましたが、一部の予想通り、台風はアルプスを越えられなかったようですね。
北に回り込んだ結果、北陸が大変なことに...
↓稲、少し倒れながらも、穂先が地面につくようなことがなくて安堵いたしました。

台風一過の風景とは、なんと美しいのでしょうね。
まだ青い籾のひと粒ひと粒、とーってもキレイです。
都内でも8/8の夕刻、ものすごく大きな虹が見られました。
自然とは本当に畏れ多いです。
Commented by okuryunoblog3 at 2017-08-09 21:55
a-ki_laさん、こんばんは。
今回は、台風さんにずいぶんしてやられましたね。
我が家は、何とか無事におさまりましたが、すぐ前の田んぼはかなり大変です。
それでも、まだ実る前だったので倒れ方も弱くてよかったです。
ただこれから起き上がることは無さそうなので、心配ですね。
水につくと、腐ったり発芽してしまったりで、収量が一気に落ちてしまいます。
あとしばらくは、何もないことを祈るばかりですね。
で、台風一過で、いつもの風景に戻りました。
早朝の田んぼは、相変わらずきれいな雫を見せてくれました。
まだ青い籾の一粒一粒が、朝日の中でとてもきれいに見えたんですよ。
都内では、きれいな虹でしたか。
本当に、自然は畏れ多いものですねえ。
by okuryunoblog3 | 2017-08-09 19:45 | トンボ目 | Comments(2)