ブログトップ

自然がいっぱい3

身近な生き物を紹介します。


by okuryu
プロフィールを見る
画像一覧

マーガレットと呼ばないで♡

b0369164_06050466.jpg
      (CANON EOS7DⅡ + SIGMA150-600mm)


夕べの満月は、ストロベリームーンと呼ばれているそうな。
何となくストロベリー色に見えますか?

一年中で最も地球から離れているため、最も小さく見える満月です。
昨年のスーパームーンと比べてみるとよかったのですが、シグマ150-600mmをその時点で持っていなかったので、比べられません。

今度のスーパームーンのときに撮って比べてみようと思います。


で、今日のお題は、この花。


b0369164_06114558.jpg
この花、みなさんは何て呼んでます。

かなり以前から我が家の庭の一角に咲き続けていて、私と相方さんは「マーガレット」と呼んでいました。

ばあちゃんは、「除虫菊」と呼んでいました。

そして、「マーガレット=除虫菊」と信じていたのですが・・・、あるブロ友さんの記事を読んで、びっくり。

この花は、「マーガレット」でも「除虫菊」でもないことが発覚しました。


b0369164_06162431.jpg
一体、何者?

マーガレットは、多年草といいながら北陸の寒い冬を越すことはできないそうな。
それに、ウィキ先生に聞いてみたら、葉の形が、全然違ってました。

除虫菊の方も栽培地が限られていて、福井では野生化するほど植えられていないと思われます。
第一、葉の形が全然違いました。

というわけで、調べてみたら、「フランスギク」というのが本名らしい。
おフランスの菊なんて、おしゃれだねえ~ということで、相方にも話したら、びっくり!!
「ずっと、マーガレットだと信じていたのに~」と言っておりました。


b0369164_06300424.jpg
まあ、名前なんぞは、当の本人にとっては関係のないことですな。
この花にやって来る虫を狙って、ヤミイロカニグモ♀君が隠れてる場所を作っていました。


さて、みなさんは何て呼んでいたのでしょう?


(CANON EOS5DⅣ + EF100mmF2.8Lマクロ)





[PR]
Commented by a-ki_la at 2017-06-10 14:25
イチゴというか...ほんのりピーチなお月様、可愛らしい色ですね。
肉眼では苺感は分かりませんでしたが、
スーパームーンの時は眩しすぎて肉眼では白い球にしか見えなかったのに
昨夜の月は遠い=暗いのか、ウサギ模様がクッキリと見えていたように感じました。

マーガレットとフランス菊、えぇえぇもちろん見分けつきません。
どんな花もそうですが、写真撮ってる時は花の一部分しか見ていないですもん。
葉っぱはもちろん、花柄だとか産毛がどうだと言われても、はぁ??です。(笑)
この花、水滴がコロンとついて可愛いですね。
魔法のお水を使ったら、大きめ水晶玉ができそう♪
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-06-10 18:26
こんばんは・・お〜、これは不思議なお月様では・・。
WBとか、AWB設定なんですか? だとしたら、凄い色合いですよね〜。
私も少しだけ見上げていたんですが、いつもと同じような色に見えて…(沈
雲が無かったので、凄く綺麗には見えてましたけど。

>今日のお題
はぃ、私もマーガレットだったかと・・。
除虫菊は・・年代的に知らなかったです(おぃおぃ…)
そうですか〜。フランスの方だったとは・・またトリビアありがとうございます。
花弁の水滴、とても綺麗ですよねぇ。朝方の撮影でしょうか?

で、しっかりカニグモさんもゲットですね。さすがです!
Commented by okuryunoblog3 at 2017-06-11 06:07
a-ki_laさん、おはようございます。
ストロベリームーンですが、じつはそれとは知らずに撮影し
ていました。
あとで、ネットでストロベリームーンであることを知り、こっそり色を塗っておいたんです。あはは・・・
ですから、本物はもっと白かったですよ。

さて、マーガレットのうんちくですが、私もまったく気づい
ていなくて、別の方のブログで初めて知ったというところで
す。
水玉ですが、小さいコロンコロンはあったので、魔法の水を
使ったらうまくいくかも。
今回は、そんな気力無しで・・・。笑
そのうちに、やってみようと思います。

Commented by okuryunoblog3 at 2017-06-11 06:11
teisyoさん、おはようございます。
へへ、不思議な色合いでしょ。
実は、あとからこっそりと色を塗っておきました。
ストロベリームーンだなんて知らなかったんでしょ。
で、本物はもちろんいつも通りの色でした。
マーガレットや除虫菊とフランスギクですが、私もまったく
知らなかったので、びっくりです。
撮影は、朝方です。
カニグモが、撮影していたら恥ずかしそうに隠れていまし
た。
こうしてみると可愛いですね。
Commented by border72 at 2017-06-11 12:16
マーガレットと除虫菊とフランスギク
私も気になって調べてみました。
花の形はそっくり。ただフランスギクは中心の筒状花のところが盛り上がっている。
葉の形はマーガレットとジョチュウギクはノコギリ型。
マーガレットは枝分かれしてその先に花を咲かせる(1本の茎からたくさんの花を咲かせる)のに対し、除虫菊は下から伸びた長い茎の先に1輪の花を咲かせる。マーガレットは花の少し下辺まで葉があり、除虫菊は下の方に葉がある。全体像で見るとマーガレットは重心が上の方、除虫菊は下の方という感じ。
茎についてはマーガレットは木質化し、常緑多年草なので冬も葉がある。除虫菊は冬は枯れるかロゼット状態で越年する多年草です。初夏に茎をもたげて次々と白い花を咲かせる。ジョチュウギクは大きい。マーガレットはジョチュウギクと比べて小さくて繊細なんだそうです。

と言うわけで、私の調べた範囲ではこの花はジョチュウギクではないかと。ばあちゃんの勝ちですかね。(^^)

Commented by border72 at 2017-06-11 12:20
追記
フランスギクはヨーロッパ原産の帰化植物で、フランスではMargueritae と呼ばれ、日本でもマーガレットと呼ばれることもあるとの記述を発見。
もう何が何だかわかんなくなりました。降参です。m(_ _)m
Commented by okuryunoblog3 at 2017-06-11 20:16
魔術師さん、今晩は。
ありがとうございます。
わざわざ詳しく調べてくださったんですね。
ただ、この画像では分かりにくいのですが、葉の形がまるっきり違うんですよ。
マーガレットでも除虫菊でもなかったようです。
一番似ているのが、フランスギクと言うことで・・・。
ただし、我が家ではばあちゃんはずっと除虫菊と呼び続けることでしょう。
で、我々二人もマーガレットと呼ぶんだろうと言うことで、めでたしめでたしですな。笑
Commented by ericanada at 2017-06-12 03:10
これ系の花で、臭い匂いのもありますよね。
フランス菊というのは初めて聞きました。
ちなみに私は、デイジーと呼んでます。

マーガレットといえばリボンです。なかよしもあります。昔乙女より。
Commented by okuryunoblog3 at 2017-06-12 17:54
ericanadaさん、こんばんは。
これ系の花で、臭い匂いですか?
そういえば、匂いなんてかいでいませんでした。
今度かいでみましょう。
ところで、「デイジー」ですが、ウィキ先生によると、
「デイジー」とは、ヒナギク属、マーガレット属、フラン
スギク属など、いくつかのキク科キク亜科に対する総称の
ようですよ。
ですから、「デイジー」と呼んじゃえば、間違えること無
しってわけですね。
なるほど!?

それから、マーガレットといえば、りぼん、なかよし・・・
う~ん、小さい頃、女子に見せてもらったことがあるよう
な・・・。
「ヘビ女」とか「紅グモ」とかは、少女フレンドでした
ね。
すごくこわいのに、楽しみでしたな。
by okuryunoblog3 | 2017-06-10 06:32 | 植物 | Comments(9)